イクメンランナー

育児と仕事を両立しながらマラソンも頑張りたい20代のパパのブログ

考え方

仕事と家事・育児はどっちが大変?この際ハッキリさせましょう!

更新日:

どっちが大変

仕事と家事・育児はどっちが大変?

夫婦の永遠のテーマですね(笑)

この際ハッキリさせましょう!

共働きで両方やってる私の見解を書いていきます。

スポンサーリンク

まずは結論から

結論から書いちゃうと、この先を読まれないかもしれませんがハッキリ言わせて頂きます。

こんなことで揉めてる時点で終わってます

不毛な争いの始まりです。

そもそも比べる意味がないし、比べようがありません。

比べても結論は出ません

どっちが大変かを比べたところで結論は出ません。

いくら比べてもお互いの主張を述べるだけで争いはエスカレートし、ストレスが溜まる一方になります。

お互いにああ言ったらこう言うの繰り返しになります。

スポンサードリンク

何故どっちが大変って比べようとするのか?

仕事と家事・育児どっちが大変?って比べる裏側には

  • 仕事で疲れてるんだから、家では休ませてほしい
  • 家事・育児で疲れてるんだから、家にいる時くらいはやってほしい

っていう想いがあるのではないでしょうか。

これがエスカレートしてどっちが大変って話になると思うんです。

結局これってお互い自分のことしか考えてないんですよね。

いや自分は頑張ってるし、ちゃんとやってる

って思ってる人ほど自分のことしか考えてなかったりします。

間違いなくどっちも大変

仕事も大変だし、家事・育児も大変です。

間違いなくどっちも大変なんです。

だからこそ自分の方が大変ってことばかりを考えるんじゃなくて、お互い大変だからこそ助けあうのが夫婦ではないのでしょうか?

話し合いも「どっちが大変か」だと話し合いじゃなくてケンカにしかなりません。

どうすればもっとお互い過ごしやすくなくのかを考えた方が生産的です。

それでもわからないなら体験すればいい

絶対に自分の方が大変って思うなら相手と交代すればいいではないでしょうか?

絶対に仕事の方が大変っていうなら家事・育児を担当すればいいですし、

絶対に家事・育児が大変っていうなら、働いてみるといいんです。

絶対って言い切れるなら、上手くいくはずですよね。

でも人によっては意外と上手くいくかもしれませんよ。

人間得意不得意があるので。

でもどっちにせよ大変には変わらないと思います。

そんなこと簡単にはできない

って思うんだったら既に答えは出てますよね。

すぐにできないってことは大変だからです。

逆にすぐできるならお互いの気持ちがわかるのでやってみると良いと思います。

でも1つだけ・・・

仕事も家事・育児もどっちも大変には間違いないのですが、1つだけ・・・

育児は本当に大変です。

赤ちゃんと一緒にずっといるとずっと泣き止まなかったり、中々寝てくれなかったり、体調が悪かったりで行き詰まることがあります。

特に第1子の時は初めてのことばかりですし。

やはり第三者なので自分だけじゃどうやってもコントロールできません。

仕事だって第三者が絡んでるって主張もあるかもしれませんが、仕事は失敗しても巻き返せますが、育児は命に関わることもあります。

赤ちゃんに手がかかって、家事が出来ていない日だってあると思います。

そこで、「家のことは自分の仕事じゃない」っていうのは夫婦としておかしいのではないでしょうか。

何にせよ夫婦は助け合いが大事

お互いに話し合うのが大切です。

どっちが大変か話し合うのはただのケンカです。

夫婦はチームです。

チーム内で争っても解決しません。

自分からお願いするのも必要でしょう。

家事・育児をしていて負担だった時は「手伝ってほしい」と一言声をかければいいと思いますし、仕事で本当に大変だった時は「今日は早く寝たい」とお願いすればいいんです。

逆に「手伝うことはない?」と聞けたり、「疲れてない?」と聞けるような関係が理想ですよね。

  • 手伝ってもらうのが当たり前
  • 家に帰ったら休むのが当たり前

ってスタンスだから揉めるんです。

ちょっとした声がけだけで解決できる問題もたくさんあります。

共働きの私から専業を見て

普通に考えたら、専業で仕事や家事育児をするよりも、仕事をしながら家事・育児に取り組む方がやることが多くて大変だと思います。

もちろんシングルで両方こなしてるんだったらめちゃくちゃ大変でしょう。

でも2人でやってるなら意外と仕事でも家事・育児でもそれぞれ専業の方が大変なんじゃないかなって思ったりもします。

私の性格かもしれませんが。

専業になると相手のことがわからなくて、この記事のテーマのような無駄な揉め事が出てきたりするのではないでしょうか。

私も専業だったらどっちが大変かみたいな考え方になってしまいそうです。

でも共働きだったら、こんな揉め事も少ないですよね。

専業ってどうしても行き詰ったり、無関心になりやすいと思うんですよ。

仕事も家事も育児もやるって言ったら大変そうですが、結局2人でやるので負担は半分に出来るんです。

それに今は時短家電や時短グッズ、時短サービスもあります。

今、共働きの家庭が増えてるのってそういった時代の変化でもあるんじゃないかなと。

だからこの記事でも男女で分けずに仕事と家事・育児で分けて書いてます。

ただ男女の違いももちろんあるのでそれはまた別の記事で書きたいと思います。

まとめ

どっちが大変か競ってる時点で夫婦としてよくないですよね。

競ってないで協力するのが大事です。

とかエラそうに書いてますが、私も散々妻と揉めて今に至っています(笑)

最初は揉めながらでもたくさん話し合って、徐々に理解し、助け合っていくのが1番ですよね。

それに別に全てを完璧にこなせてなくてもいいと思います。

明らかなサボりは良くないですけど、全てを完璧にこなせる人なんていないんですから。

それを相手に求めても無駄でしかありません。

理想の夫婦関係を目指して頑張りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめの記事

1

赤ちゃんって何かと肌トラブルが多いですよね。 ウチのおマメも生まれて間もない頃から様々な肌トラブルを制覇してきました。 おむつかぶれ 乾燥で肌がカサカサ 乳児湿疹 指しゃぶりで指がアカギレ よだれで肌 ...

2

子供が生まれてから何かと飛行機に乗る機会が増えました。 東京に住んでいて、私と妻の実家が兵庫と秋田なので、帰省の際には飛行機を利用するようになったんです。 新幹線でも行けないことはないのですが、さすが ...

-考え方

Copyright© イクメンランナー , 2018 AllRights Reserved.