イクメンランナー

育児と仕事を両立しながらマラソンも頑張りたい20代のパパのブログ

保険

妊娠・出産前に確認しておきたい医療保険・生命保険

更新日:

医療保険

結婚をきっかけに生命保険医療保険に入る人も多いと思います。

でも入った理由が

  • なんとなく結婚したら入るものかな
  • 会社のに入ってる
  • 知人、友人に勧められたから
  • 保険屋さんとの付き合いで

こんな理由で入った人も多いのではないでしょうか?

結婚後保険に入った人で、最初に保険を使う場面として多いのが「妊娠・出産」の時です。

せっかく入った保険、どういった時に使えるか把握しておかないと保険に入った意味がありません。

既に保険に入っている人もこれから入る人も確認しておきたい医療保険がおりる事例を紹介していきます。

スポンサーリンク

妊娠・出産時にも保険は適用される

まず妊娠・出産時に医療保険がおりる可能性があるということを頭に入れておきましょう。

出産は保険適用外

と思っている方もいますが、これは一般的に健康保険の話です。

さらに健康保険の場合でも適用されないのは通常の妊娠・出産の場合で、トラブルにより医療処置があった場合には健康保険が適用されます。

これと同じく医療保険の場合でも適用されるケースはたくさんあるので確認しておきましょう。

スポンサードリンク

医療保険が適用されるケース

1.帝王切開

帝王切開に医療保険が適応されるのは知っている人も多いと思います。

むしろ、帝王切開以外は医療保険が適用されないと思っている人もいるのではないでしょうか?

他にも適用されるケースはあるので確認しておきましょう。

2.切迫流産・切迫早産

切迫流産切迫早産でママが入院した際は、医療保険の入院給付金がおります。

特に切迫早産で入院して、その後すぐ生まれて赤ちゃんも順調だと、医療処置らしいこともせずに退院するので、医療保険が適用されると気付かない場合があります。

切迫流産・切迫早産で入院した場合でも医療保険は適用されると覚えておきましょう。

3.自然分娩・正常分娩

なんのトラブルもなく出産した場合でも医療保険が適用されるケースがあります。

なんのトラブルもなく」というのはママの主観で、実は医療処置が施されている場合があるんです。

会陰裂傷

出産時に会陰部が裂け、縫った場合は医療処置となり、医療保険が適用されるケースがあります。

出産時に縫った場合には保険の担当に確認してみましょう。

吸引分娩・鉗子分娩

吸引分娩・鉗子分娩を行った場合も結果的に正常分娩と判断されるケースがあります。

しかし、確認次第では医療保険が適用される場合もあるので、保険の担当に確認してみましょう。

実際に保険が適用され入院給付金がおりました

ウチは切迫早産で妻が入院をしました。

切迫早産で入院して、投薬等の医療処置は有りましたが、メスを入れることも、縫うこともなく、無事出産。

それでも1日5,000円の入院給付金が20日分おりました。

もし、こういったケースでも医療保険が適用されることを知らなければ、申請することもなかったでしょう。

一番伝えたい重要なこと

まず「妊娠・出産時に医療保険がおりる可能性がある」ことを知っておくことが大事です。

そして、私と妻にそのことを教えてくれたのは、保険の担当の方でした。

私が一番伝えたいことは、保険の担当が重要であるということです。

保険は会社やプランよりも人が大事

もちろん会社プランも大事だと思いますが、それ以上に人が大事だと感じました。

もし会社やプランがめちゃくちゃ良くても、いざという時に適用できなかったら意味がありません。

ウチのケースでも、もし担当の方との関係が希薄で、妊娠・出産時に医療保険がおりる可能性があることを知らなかったら、そもそも申請をしていなかった可能性があります。

実際に知人で保険の会社は同じだけど、過去の出産で保険が適用されるケースとは知らず、申請していなかったという人がいました。

担当との関係が希薄だったのか、担当が保険が適用されるケースとは知らなかったのかわかりませんが、同じ会社でこの差って担当の差でしかないですよね。

担当の方との関係が大事

私の担当の方は定期的に連絡をくれたり、会いに来てくれます。

電話だけでなく、LINEでも連絡を頂くので、こちらも何かあった時は気軽に聞けます。

  • 担当とは契約以来会ったことがない
  • 保険に関するお知らせや年賀状、暑中見舞いしか連絡がない
  • 担当が辞めてから、担当がいない・新しい担当が誰かわからない

こんな関係になっていませんか?

このような関係の場合は保険を見直した方が良いかもしれません。

担当次第で保険が適用される場合も

保険を申請しても医師の判断により、医療処置と認められず保険が適用されない場合があります。

関係が希薄な担当であれば、書類の申請だけで通らなかったら終わりでしょう。

しかし、書類で通らなかった場合でも、担当次第では直接病院に出向いて、医師に質疑応答をして判断をひっくり返してくれる人もいるそうです。

妊娠・出産前に確認しておきたい医療保険のまとめ

医療保険の適応されるケースを一部紹介しましたが、これらは本当に一部だと思います。

妊娠・出産にも色んなケースがあります。

実際に保険が適応されるかは申請してみないとわからないことがほとんどです。

その時に重要なのが

  • 妊娠・出産時に医療保険がおりる可能性があるのを知っておくこと
  • 良い担当がいること

です。

保険が適用されるケースは無数にあります。

すぐに相談できる担当がいることによって、様々なケースにも対応できるので、これから保険に入る人は会社、プランだけでなく、担当も見るようにしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめの記事

1

赤ちゃんって何かと肌トラブルが多いですよね。 ウチのおマメも生まれて間もない頃から様々な肌トラブルを制覇してきました。 おむつかぶれ 乾燥で肌がカサカサ 乳児湿疹 指しゃぶりで指がアカギレ よだれで肌 ...

2

子供が生まれてから何かと飛行機に乗る機会が増えました。 東京に住んでいて、私と妻の実家が兵庫と秋田なので、帰省の際には飛行機を利用するようになったんです。 新幹線でも行けないことはないのですが、さすが ...

-保険

Copyright© イクメンランナー , 2018 AllRights Reserved.