イクメンランナー

育児と仕事を両立しながらマラソンも頑張りたい20代のパパのブログ

クレジットカード

節約のためにクレジットカードは使う派?使わない派?

更新日:

クレカ節約

あなたは節約のためにクレジットカードを使う派ですか?

それとも使わない派ですか?

クレジットカード=使いすぎる

というイメージも強いので使わない派の人も多いかと思います。

しかし、私は断然使う派です!

正しく使えば、クレジットカードを使った方が確実にお得ですよ。

スポンサーリンク

元々はあまり使わない派でした。

元々、クレジットカードは出来るだけ使わないようにしていました。

理由は、

  • 使い過ぎる
  • 後の請求が怖い

などの理由です。

使うのはネットで買い物するときくらい。

それ以外は出来るだけ現金で払ってました。

なんとなくクレジットカードを恐れていたんですよね。

スポンサードリンク

クレジットカードが不安なのは知らないから

クレジットカードを使うのは不安だったのは、

クレジットカードを知らなかったからです。

ポイントの存在を知らなかった

まず、クレジットカードを使うとポイントが貯まることも知りませんでした(笑)

ある日友達と話していて、

友達
クレジットカードのポイント使ってる?

っていう話になり、その時に初めてポイントの存在を知りました。

支払サイクルを知らなかった

クレジットカードをあまり使わなかったので、正直支払いのサイクルも知りませんでしたw

  • 使った何か月後に支払うのか?
  • 何日に引き落とされるのか?

も理解せずにクレジットカードを持っていました。

ある日、口座を見るとお金が減っていて、通帳記入するとクレジットカードの引き落とし。

  • 金額だけ書かれているので、何に使ったかわからない。。。
  • 何かお金だけ無くなった気がして。。。

これがクレジットカードの不安を作っていましたね(笑)

クレジットカードは正しく使えば節約になる

クレジットカードはポイントが貯まるので正しく使えば絶対お得になります!

ポイントは現金と同じように使えたり、商品と引き換えたりすることができます。

財布から出す1万円クレジットカードで払う1万円同じ1万円です。

しかし、クレジットカード出払う1万円にはポイントが付いてきます。

もしポイント還元率が1%なら100ポイント。

たった100ポイントって考えたら「どっちでもいいや」と思うので、もっと大きい数字で考えましょう。

もし年間100万円をクレジットカード払いにしたら、1万ポイント

1万ポイントがマイルだったら、国内旅行の往復の航空代がタダになる可能性がありますよ!

それだとお得だと思いませんか?

節約的に考えると

節約の面から考えると還元率1%のカードで支払いすれば、毎回1%割引になると考えてみてください。

現金払いだと割引がありません。

そう考えるとクレジットカードは節約になりますよね!

節約のために使うならやってはいけないこと

色々機能の付いているクレジットカードですが、以下の機能を使うと節約にならないので要注意!

キャッシング

キャッシング機能はクレジットカードを使ってATMからお金を引き出すことができる機能です。

キャッシング機能を使うととんでもなく高い金利がついてきます。

銀行のカードと同じ感覚で引き出せてしまうので、自分のお金じゃないとわかっていながらも、自分のお金と勘違いしてしまいやすいです。

節約のためならキャッシング機能は使わないようにしましょう。

リボ払い

基本的にリボ払いもNG。

これも高い金利がかかります。

しかし、場合によっては得することも。

ちなみに私は毎月リボ払いにしているカードがあります。

リボ払いで数円の金利が発生するように調整して、ポイントの還元率を上げるということをやってます。

無計画

無計画に使うと絶対使いすぎてしまいます。

昔の私のように支払サイクルがわかってないとなんとなく使いすぎて損した気分になります。

支払サイクルや使った額など把握しておきましょう。

節約におすすめのクレジットカードは?

還元率が高いカード

基本的に還元率の高いカードがおすすめです。

年会費にもよりますが、年会費無料でも1%は欲しいですね。

どのポイントを貯めたいか

どのポイントを貯めたいかも重要です。

例えば、飛行機に乗らない人がマイルを貯めても意味ないですよね。

自分が使いたいポイントが貯まるクレジットカードを選びましょう。

使うお店によって還元率が変わったり割引がある

クレジットカードは使うお店によって還元率が変わったり、割引されることもあります。

普段良く使うお店に合ったクレジットカードがあるかもしれません!

年間の使用額によっては年会費のかかるカードも

基本的には年会費無料のカードが節約には良いでしょう。

しかし、年間の使用額が多い場合は年会費のかかるカードの方が得な場合もあります。

これは実際に計算してみないとわかりませんが、普段使いしか使わない場合はあまり気にしなくてもいいです。

基本的に万人に合ったクレジットカードはない

  • 貯めたいポイントも人によって違う
  • 使う用途も人によって違う
  • 使う金額も人によって違う

なので、基本的に万人に合ったクレジットカードはないです。

もし、万人に合ったクレジットカードを一つ上げるとしたら楽天カードですね。

万人におすすめするとしたら楽天カード

理由は

  • 年会費が無料
  • 還元率1%
  • 楽天市場で還元率が大きく変わる

などの理由があげられます。

年会費無料で、還元率もそこそこで、楽天市場なら必要なものも買えるからポイントも貯めやすく、使う時も使いやすい。

私も楽天カードは主力のクレジットカードとして使っています!

楽天カードのお得な使い方!子育てパパの節約術」に詳しく書いてあるので是非ご参考ください。

クレジットカードは何枚使う?

あまりクレジットカードを使わない人からすれば、

「えっ、クレジットカードって複数持つものなの?」

と思うかもしれませんが、別に1枚でも大丈夫です。

私は色々あってクレジットカードを10枚以上持っていますが、基本的に使うのは3枚です。(使わないやつは解約しなきゃ。。。)

基本的にはメイン1枚+サブでOK

基本的にはメインのカード1枚とサブのカードを持っておけばいいでしょう。

ポイントを意識しすぎて、お店ごとに使うカードを変えて、たくさんのカードを使ってると管理できなくなります。

なので、そこはこだわり過ぎないのがおすすめです。

suicaなどの電子マネー付きをサブに持っておくのがオススメ

積極的にクレジットカードを使うとはいっても、数百円の会計にクレジットカードを使うのはめんどくさいですよね。。。

そんな時におすすめなのが電子マネー付きのクレジットカードです。

電子マネーにはsuicaなどの交通系電子マネーとEdynanacoなどの流通系電子マネーがあります。

電子マネー付きのクレジットカードならチャージの際にカード決済すればポイントが貯まります。

コンビニや自動販売機をはじめ、至るところで電子マネーを使えるようになっている世の中です。

クレジットカード払いはめんどくさくても、電子マネーでの支払なら気軽にできますよね。

電子マネー付きのクレジットカードを活用した節約術」におすすめのカードや使い方を詳しく書いてあるのでこちらもご参考ください!

まとめ

クレジットカードを正しく使えば結果的に節約に繋がります。

特に何気なくクレジットカードを使っている方は一度見直してみてはいかがでしょうか。

また現金払い派の人も大きい買い物の時のみ、クレジットカードに変えるだけでもポイントが貯まりやすくなるので、是非上手く使ってみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめの記事

1

赤ちゃんって何かと肌トラブルが多いですよね。 ウチのおマメも生まれて間もない頃から様々な肌トラブルを制覇してきました。 おむつかぶれ 乾燥で肌がカサカサ 乳児湿疹 指しゃぶりで指がアカギレ よだれで肌 ...

2

子供が生まれてから何かと飛行機に乗る機会が増えました。 東京に住んでいて、私と妻の実家が兵庫と秋田なので、帰省の際には飛行機を利用するようになったんです。 新幹線でも行けないことはないのですが、さすが ...

-クレジットカード

Copyright© イクメンランナー , 2018 AllRights Reserved.