イクメンランナー

育児と仕事を両立しながらマラソンも頑張りたい20代のパパのブログ

母乳育児

おすすめの搾乳機を紹介!電動・手動・手絞りなど

更新日:

搾乳機おすすめ

ウチは未熟児で生まれながら、完全母乳育児をやってきたので、最初の頃は搾乳機にたくさんお世話になりました。

まあ私じゃなくて妻がお世話になったのですが(笑)

電動も手動も使ってきたので、それぞれの特徴おすすめの搾乳機を紹介していきます。

スポンサーリンク

実際に使ったおすすめの搾乳機

ウチのおマメは未熟児で生まれて2ヶ月ほど入院していました。

出来るだけ母乳を飲ませたかったので妻の搾乳生活が始まります。

その中で実際に妻が使った搾乳機を紹介します。

病院のメデラ

symphony

出典:medera

最初、入院中に使ったのがメデラの搾乳機。

多くの病院で使われている電動の搾乳機です。

左右のおっぱい同時に絞れるのが特徴。

退院したら搾乳機が必要になるので、「これ買えばいいのかな?」と思っていたら、何十万もするものでした(笑)

そこで同じメデラの家庭用の電動搾乳機を使うことに。

メデラの電動搾乳機

 

メデラ medela 【日本正規品、2年間保証付き】 スイング (swing) 電動さく乳器 030.0035 赤ちゃんの飲むリズムを忠実に再現した電動タイプ

退院後に使ったのがメデラの電動搾乳機。

これもかなり優秀でした。

病院のとは違い、左右のおっぱい同時に搾乳は出来ませんが、電動で搾乳をしてくれるので手動よりも楽に搾乳ができます。

特にウチのおマメのようにまだ直接吸わず、搾乳が100%のころは電動がオススメです!

この搾乳機は妻の仕事関係者の方にプレゼントしていただきました。

必要な人にはとても喜ばれるのでプレゼントにもおすすめ!

メデラの手動搾乳機

メデラ Medela Harmony ハーモニー 手動搾乳器/さく乳器【日本語説明書付属・並行輸入】

搾乳が100%のころに手動の搾乳機を使うと手首がかなり疲れるそうです。

人によっては腱鞘炎になることも。

ですので、搾乳が100%のころに手動はお勧めしません。

しかし、

妻は電動の使い過ぎで乳首を痛めてしまい、一時期手動で搾乳をしていました。

やはり妻も手首が辛かったそうなので、基本的には電動がおすすめ。

ママの体調に合わせて手動も使うといいでしょう。

ピジョンの手絞り

ピジョン 母乳さく乳カップセット

妻の母乳の分泌が落ちたときに手絞りに切り替えました。

桶谷式に通うようになって、搾乳機を止めて手絞りにした方が切り替えた方がいいと言われたのがきっかけ。

最初は哺乳瓶に直接入れたり、大きいさらに入れたりしていたのですが、どうしても床にこぼしてしまうことが多かったです。

その時に見つけたのがピジョンのさく乳カップでした。

これが非常に便利で、こぼれにくく、ママも無理な体勢を取る必要がありません。

手絞りで搾乳するならピジョンのさく乳カップがオススメです!

スポンサードリンク

搾乳機のメリット・デメリット

電動や手動、手絞りにはそれぞれのメリット・デメリットがあります。

電動のメリット

  • とにかく楽
  • 時間がかからない
  • たくさん取れる

電動のデメリット

  • 手動に比べて強さを調節がきかない
  • 出過ぎて乳腺炎になる恐れがある
  • 乳首に負担がかかる

手動のメリット

  • 力の調節ができる
  • 角度の調節ができる
  • 絞りよりも楽

手動のデメリット

  • 電動に比べると時間がかかる
  • 手首が辛い、痛くなる

手絞りのメリット

  • 力加減、量、角度など一番調節が効く
  • 乳首にも優しい

手絞りのデメリット

  • 時間がかかる
  • 量が取れない

成長やママの体調に合わせて使うのが一番

搾乳機にはそれぞれメリット・デメリットがあるので、赤ちゃんの成長やママの体調に合わせて使うのが一番です。

  • 赤ちゃんがまだ直接飲めず、ママのおっぱいが問題ないのであれば電動搾乳機いいと思いますし、
  • 赤ちゃんがまだ直接飲めず、ママのおっぱいに少し負担がかかっているなら手動搾乳機で様子をみたり、
  • それでもダメなら手絞りで搾乳する

など状況に合わせて使えば、ママの搾乳の負担も減ります。

やはり搾乳は時間がかかります。

特に赤ちゃんが吸ってくれないと分泌が悪くなるので大変だそうです。

役割分担をすれば、ママの負担を軽減できます。

搾乳機のまとめ

搾乳機選びは失敗したくないですよね。

長く使えるかな?」という心配もあるのではないでしょうか。

でも搾乳機に関しては欲しい時に手に入れるのが一番です。

電動、手動、手絞りと使いましたが、すべて役に立ってくれました。

最初の頃は電動がないと辛かったし、おっぱいのためには手動も手絞りも必要でした。

目的によってママに合う搾乳機は変わってきます。

是非今、ママに必要な搾乳機を選んで使ってみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめの記事

1

赤ちゃんって何かと肌トラブルが多いですよね。 ウチのおマメも生まれて間もない頃から様々な肌トラブルを制覇してきました。 おむつかぶれ 乾燥で肌がカサカサ 乳児湿疹 指しゃぶりで指がアカギレ よだれで肌 ...

2

子供が生まれてから何かと飛行機に乗る機会が増えました。 東京に住んでいて、私と妻の実家が兵庫と秋田なので、帰省の際には飛行機を利用するようになったんです。 新幹線でも行けないことはないのですが、さすが ...

-母乳育児

Copyright© イクメンランナー , 2018 AllRights Reserved.